てんかんの症状が出る原因は人それぞれ違う!?
てんかんの症状が出る原因は人それぞれ違う!?

てんかんが原因で起こる精神疾患などの合併症

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳の病気であるてんかんは、精神的な症状の出る合併症を引き起こす可能性があります。また、脳炎や脳梗塞などの原因を持つてんかんは、症候性てんかんと呼ばれていますが、この場合には特に精神的な症状が出やすいとされています。 てんかんによって生じる精神障害として挙げられるのは、幻想や妄想などです。 てんかんが起こる前になると怒りっぽくなったり、不安感が増したりするなどの感情障害も起こりやすくなり、これが続くと、引きこもりや不安発作なども引き起こされる可能性があります。

てんかんの場合は無意味に口を動かしたり、歩き出すなどの異常行動を行うこともあります。さらに、てんかんに伴う性格変化としては、まわりくどくなったり、しつこくなるなどが挙げられます。 そして、このような症状を放置しておくと、日常生活に悪影響を及ぼすだけでなく、うつ病などの精神疾患になる可能性も出てくるので早めの治療が必要になります。 さらにこのような症状があると、患者さん自身がいつまた発作やいろいろな症状が出るかもしれないと不安になることが多く、その絶望状態が新たな精神障害や精神疾患を生じる原因になることも考えられます。 そして、このような場合には、この病気を専門とする医師のところで、相談するようにすることが大切です。

医者

また、症候性てんかんの原因の中には脳梗塞や脳出血など、中高年に多い病気も含まれています。 そして、特にこのような年齢でてんかんになってしまった場合は、家族への負担や仕事復帰の難しさ、この先の不安などを考えて、抑うつ症状が出て、うつ病になってしまうこともあります。 ですから、そんな場合も病院で担当医によく相談した方が良いでしょう。

一般的な治療で効果が出ない場合は、難治性てんかんということで、手術が必要になる可能性が出てきます。 さらに、てんかんの場合は患者さんの年齢層に幅があるので、特に子供や高齢者がてんかんの症状を起こした場合は、手術などが可能かどうかを医師に尋ねたり、家族も考えておくようにすることが大切です。 以上のように、てんかんはさまざまな合併症を引き起こす可能性があり、発症年齢にも幅があるので、それぞれに合った方法を選ぶようにすることが必要です。 そして、特に精神面での負担を取り除くことが精神疾患や精神障害、異常行動などを防いだり、症状を緩和することにつながるので、家族もその点をよく理解した上で患者さんを支えるようにすることが重要です。

てんかん特有の合併症に記憶障害、言語障害も

てんかんは脳の病気なので、合併症も精神疾患の他、脳の働きに関わるものも多く、記憶障害や言語障害なども含まれます。 症候性てんかんの場合は特にさまざまな原因が考えられるので、それらを突き止めながら、うつ病になる前に、てんかんやそれが引き起こす合併症の対策をとるようにすることが大切です。 また、特に性格変化や異常行動、感情障害などが出た場合は、放置しておくと暴力行為などに結び付く可能性もあるので、注意が必要です。 記憶障害、言語障害などが起こった場合は、日常生活にも支障が出やすくなるので、家族は特にその点についてしっかりと把握しておく方が良いでしょう。

てんかんの症状は非常に多くの種類がありますが、それぞれの患者さんは同じ発作を繰り返すことが多いので、できるだけそのストレスを取り除き、てんかんによる感情障害や性格変化を起こさないようにすることが大切です。 さらにこれは、さまざまな年代に発症する病気ですが、特に2歳までと思春期頃に多いとされており、子供達にとってはこの病気によって学校生活や人間関係が大変になる可能性があるので、親は治療や対策に関してしっかりと考えるべきでしょう。 特に子供の場合はこの病気のためにいじめに遭う可能性もあるので、その点についても医師や担当の教諭などに相談し、対策をたてておくことが大切です。