てんかんの症状が出る原因は人それぞれ違う!?
てんかんの症状が出る原因は人それぞれ違う!?

免許取得を恐れるな!てんかんと運転免許について

このエントリーをはてなブックマークに追加

免許車が運転できるかどうかは生活の質に大きく影響する問題であり、てんかんの症状がある人にとって大切な問題です。現在ではてんかんの症状がある人でも条件を満たすことで運転免許の取得が可能です。
てんかんの人への運転免許取得が認められるようになったのは2002年6月からであり、認可されるようになったのは比較的最近のことです。
その裏には「日本てんかん学会法的問題検討委員会」のがんばりがあり、「警察庁」との長い協議の中で、決められた条件を満たす場合に免許取得が認められるようになりました。


てんかんの人が免許を取得することができる条件には以下の4つがあります。

  1. 1.発作が過去5年起きておらず、医師が今後発作は起こらないと診断した場合
  2. 2.発作が過去2年起きておらず、医師が今後数年は発作が起こらないと診断した場合
  3. 3.医師が一年間の経過観察を行い、意識障害や運動障害を伴う発作がなく、単純部分発作のみに限定され、今後悪化する心配がないと診断した場合
  4. 4.医師が2年間観察を行い、発作は睡眠中に限定されており、今後症状が悪化することはないと診断した場合

わかりやすく言えば、過去に発作があったとしても、特定の期間に発作が起きておらず、医師が大丈夫と診断した場合は免許取得が認められるということになります。


実際に運転免許取得を取得する際の流れについて説明します。まず、継続的に診察してもらっている医師か、日本てんかん学会認定医による臨時適性検査を受けることが必要です。
適性検査をパスすることができれば、医師が診断書に記入を行なってくれます。診断書を運転免許センターに提出し、公安委員会による審査が行なわれ、問題ないと判断されれば運転免許取得が可能となります。

仮に公安委員会が取得を認めない判定を出したとしても、その後発作が起こらなければ再度、申請を行なうことが出来ます。発作がない期間の実績をしっかりとつくることが運転免許取得のために重要ということが出来るでしょう。
運転免許を取得することができれば、生活範囲は広くなり買い物や通勤などに車が使えるため、生活は非常に便利になります。
しかし、免許取得が出来たとしても、てんかんがある人にとって事故への不安は付きまといます。事故を起こしてしまうと自分だけでなく、被害者の人生にも大きく影響するからです。
てんかんがある場合は、運転免許取得が出来たとしても長時間運転するドライバーのような、運転が主体となる仕事は控えることが必要です。

まずは自分自身のてんかんの症状を把握しましょう!

てんかんがある人が運転免許取得を目指す場合は、まず自分自身の症状を理解する必要があります。
免許取得のためには医師による経過観察や適性検査が必要ですが、医者は常に患者を観察しているわけではありません。そのため、医師は患者や家族からの話も参考にしながら、経過観察や適性検査の結果を判断します。
医師に伝える情報が正しくなければ、免許取得後に事故を起こしてしまう可能性は高くなってしまいます。


てんかんはどのような時間帯に起こるのか、意識障害や運動障害は出るのかなどをきちんと自分で把握し、正しく医師に伝えることが必要です。
主観的な判断だけでなく、家族の客観的な判断も聞くようにすることで意識障害や運動障害の有無がはっきりし、より信頼性が高い診断書を書いてもらうことが可能となります。

薬を服用している場合は、薬とてんかんの症状との関係についても把握しておくことが必要です。
薬を飲むとどのような副作用があるのか、薬を飲めばどれくらいの時間症状を抑えることができるのか、などをきちんと把握することで、安全に運転することが出来る時間帯をはっきりさせることができます。
不安な時間帯には仕事で運転しないなどの工夫をすることで、仕事中の運転事故を起こさないためのリスク管理を行なうことが出来るようになります。